ベクターアート
厚別神社外観
葉っぱイラスト
葉っぱイラスト
新緑イラスト
新緑イラスト

明治18年に、豊作や村人の安全を願って
厚別川東側に建てられた神社が、
大正6年に現在地に移されました。
境内には清田地区の開拓100周年の記念碑があります。
石段を登ってふりかえると、大変に眺めがよいと評判です。

かすみをイメージした和柄
かすみイをメージした和柄
葉っぱイラスト

由緒

青海波をイメージした和柄

当神社は、この地に最初に入地した長岡重治が明治7年開墾地の片隈に小祠を作り、朝夕拝礼していたが開墾が進みにつれ自分だけでなく他の同僚にも詣でてもらいたいと浪岡誠一郎等に相はかり、厚別川東側(現在の旧国道)に合掌作りの社を明治18年9月に建立し、御祭神三柱を奉斎し、五穀の豊穣と地域住民の安全を祈願したことに由緒し、鎮守の氏神として尊崇せられるにいたった。

和柄の壁紙

​祭典

青海波をイメージした和柄

​◆1月1日   元旦祭

​◆4月12日    春季例祭

​◆6月中旬    忠魂碑慰霊祭

​◆9月12日    例大祭

​◆11月23日  勤労感謝際

 
 

御祭神

青海波をイメージした和柄

天照大神(あまてらすおおかみ)​

皇室の御祖神

日本人の総氏神様

倉稲魂神(うがのみたまのかみ)

穀物の神様

お稲荷様

大山祇神(おおやまつみのかみ)

山林の神様

酒造の神様

 

沿革

青海波をイメージした和柄

明治7年

創祀

明治18年

社殿造営

大正6年

現在地に遷座

昭和5年

公認神社に認定

昭和28年

宗教法人認証

昭和45年

新社殿落成

平成19年

清田ふるさと遺産認定

 
AdobeStock_72188485.jpeg

御朱印

青海波をイメージした和柄

・御朱印(各月)

※A6サイズ

500円

​・神玉御朱印

※A5サイズ

1,000円

​(神玉御守+神玉御朱印)

◎御朱印は全て書き置き(裏面シール付き)となります。

 
神社にお参りしている着物の女の子

昇殿祈願

青海波をイメージした和柄

厄祓、七五三詣、車祓、初宮詣、安産、家内安全、商売繁盛、合格、必勝、神棚清祓、社運隆昌、神前結婚式 など

 
地鎮祭のお祓い棒とお供え

出張祭典

青海波をイメージした和柄

地鎮祭、上棟祭、竣工祭、新宅家祓、神棚清祓、開店式、事務所開き、御霊祭、神葬祭 など

 

厄除け

青海波をイメージした和柄

■厄年には厄除けのお祓いを受けて、一年を無事に過ごしましょう。

男性の厄年 数え年 25歳・42歳・61歳

女性の厄年 数え年 19歳・33歳・37歳

厄年の前後が前厄・後厄であり、厄年は3年間と考えます。

厄年は人生の節目となる時期です。
厄年にあたる方は、神社にお参りをしてお祓いを受け、心身共すがすがしい気持ちで神社のご加護のもと、新年を向えましょう。

お払いに使う御幣のアイコン

還暦(数え年61歳)、古希(数え年70歳)、喜寿(数え年77歳)、傘寿(数え年80歳)等の祈願も合わせてご奉仕致します。
尚、年齢に関係なくご参拝されても結構です。
御一家の家内安全を御祈願下さい。

玉串料 1名 5,000円(他 ご家族1名に付500円増)

厚別神社について

青海波をイメージした和柄

​あしりべつじんじゃ

厚別神社

〒004-0872 北海道札幌市清田区平岡2条1丁目3-1

​Tel 011-881-1930

    ​Fax   011-888-4688 

清田ふるさと遺産認定証
上相撲記念碑
厚別神社
手水舎
馬頭神社
忠魂碑
清田地区開基百年記念碑

​アクセス

バスアイコン

中央バス札幌駅前発平岡営業所行「清田区役所」停留所・徒歩2分

パーキングアイコン

​駐車場有ります